熊本の地域資源(=誇り)を知る。

いきなり団子

熊本の人にとっては当たり前のような郷土菓子ですが、熊本以外の地域の人にとっては珍しい団子、それが「いきなり団子」です。

いきなり団子の名前の由来には、「いきなり(=突然)お客さんが来てもすぐに作ってもてなせる」というものや、「輪切りにしただけの芋をいきなり(=そのまま)包んで蒸す」など、諸説があります。
また、熊本の一部の地域では、片付けが苦手な人、ざっとした(大雑把な)人を「いきなりな人」と言うので、“ざっと作れる団子”という説もあります。いずれにせよ、家庭で作れる素朴なお菓子だったようです。

一般の団子のイメージとは違い、やや塩味でもちもちした食感の生地の中に、「あんこ」と「さつまいも」が入っており、両方の甘さがミックスされたおいしさに加え、十分な食べごたえがあるのが特徴です。
さらに、いきなり団子のは、アツアツのものを食べると実においしく、できたてのものや、家でレンジで温め直したものを食べると、いきなり団子の本来のおいしさを体感することができます。

熊本人が慣れ親しみ、食する「いきなり団子」を、ぜひともご堪能ください。
(Language Style → English , 한국어 , 中国)

<地図(Map)>

<関連動画(Videos)>

ホーム | 体感シリーズ(そのほか)| 熊本市バージョン  |  ご感想・ご意見

PAGE TOP