熊本の地域資源(=誇り)を知る。

熊本ラーメン

九州を代表する豚骨ラーメンであり、博多ラーメンよりは一般に麺が太く、揚げニンニクやゆで卵、キクラゲなどが入ることが多いのが特徴です。
スープには豚骨に鶏ガラを使う場合が多く、豚頭骨のみでスープを取る店もあります。また、スープにチップ状にした揚げにんにくやマー油(にんにくを揚げた油)、フライドガーリックなどを入れるのも特徴の一つとされています。博多ラーメンに見られるような「替玉(かえだま)」は、熊本ラーメンにはありません。

熊本市内のラーメン店では、3世代でラーメンを食べに来ている家族連れを見かけることも多く、とくに正月やお盆には、里帰りした息子や娘の家族と一緒に、祖父母、父母、孫の3代で、故郷の代表的な味である「熊本ラーメン」を食しながら団らんしている姿が数多く見られます。
熊本の老舗ラーメンには、桂花ラーメン、味千ラーメン、こむらさきラーメン、黒亭などがあります。

「熊本ラーメン」は、熊本の代表的な食文化として、熊本の「食」を支え続けています。
(Language Style → English , 한국어 , 中国)

<地図(Map)>
味千ラーメン(本店) 桂花ラーメン(本店) こむらさきラーメン(本店) 黒亭(本店)

<関連動画(Videos)>

ホーム | 体感シリーズ(そのほか)| 熊本市バージョン  |  ご感想・ご意見

PAGE TOP