熊本の地域資源(=誇り)を知る。

辛子蓮根

熊本の郷土料理でもある「辛子蓮根」(からしれんこん)は、肥後熊本藩初代藩主・細川忠利がもともと病弱な体質であったため、見舞いに訪れた豊前国耶馬渓羅漢寺の禅僧・玄宅が忠利を見舞った時に、蓮根を食べるよう勧めたことがきっかけで生まれたとされています。

そこで、依頼を受けた、藩の賄方であった平五郎は、加藤清正が熊本城の外堀に非常食として栽培していた「蓮根」の穴に、和辛子粉を混ぜた麦味噌を詰め、麦粉・空豆粉・卵の黄身の衣をつけて菜種油で揚げたものを忠利に献上しました。

細川忠利は、辛子蓮根を大変気に入り、常食していたと言われており、実際に、健康な体質になることができた褒美として、後に平五郎に小判十枚、苗字帯刀を与えています。

その後、熊本藩の中で珍味栄養食となった辛子蓮根は、明治維新まで門外不出とされるほど熊本人にだけ愛され続け、正月のお節料理にも必ず出されるほど、郷土料理として定着するようになりました。

初めて食べる人は、蓮根の中に詰まっている辛子(からし)の刺激に驚くかもしれません。しかし、食べているうちに、外側を取り巻いた衣の舌触り、その中の蓮根のさくさく感、さらには食欲を増進させる辛子のスッキリ感は、ほかでは味わうことができないでしょう。

熊本を代表する郷土料理である「辛子蓮根」を、ぜひともご堪能ください。
(Language Style → English , 한국어 , 中国)

<地図(Map)>

<関連動画(Videos)>

<関連サイト>

ホーム | 体感シリーズ(そのほか)| 熊本市バージョン  |  ご感想・ご意見

PAGE TOP